風俗

風俗で自由にお買い物

普通にOLとして昼間には働いていたのですが、そこまで給料も高くなく生活するのでやっとでした。
ほしい服も化粧品も妥協をしてプチプラと呼ばれるようなものしか購入できず、もっと欲しいものを買えるくらいに稼ぎたいと思っていたのです。
今の仕事の他に一緒に並行をして働けるようなところがあればと考えた時に、風俗求人が思いつきました。
今まで実際に働いた事はないけれどそこそこ給料も高く、今の仕事と一緒に両立する事ができるとも思ったのです。
そこでまずは求人を探す事にし、ネットなどで自分の住んでいる地域と風俗というキーワードを入力して探してみたのです。
すると思った以上に募集しているお店があり、お給料の高さにも魅力を感じてしまいました。
何かあった時のアリバイ会社などがあったり、待機するのも自宅でOKというお店などもあった為、これなら安心して働けそうと思いました。
実際に気になったお店に電話をして、詳しく話を聞いてみたのです。
そこでは丁寧に話をしてくれた為、さらに面接を受けてみる事にしました。
実際に話を聞いてみるとさらに安心感を感じ、そのまま体験もしてみました。
思った以上に働きやすい環境で良いお客様に着く事もできた為、その後働き続けたのです。
しっかりと日払いでお給料もいただく事ができて、それからはほしいものを買えるような生活ができるようになりました。
今までできなかった貯金などもできるようになり、心に余裕を持った生活をしています。


埼玉で遊べるデリヘル店情報

埼玉デリヘル情報サイトです。埼玉のデリヘル情報をお届けします。
www.sai-deli.jp/


風俗でのアルバイト体験談

風俗のアルバイトはいろいろしました。
主としてデリヘルですが、店舗型のいわゆる箱ヘルでも働いていたことがあります。
女の子同士のネットワークがあるのでどのお店が稼げるとかいう情報はすぐに入って来るのです。
お店選びはバック率ももちろんですが、どれだけお客さんを呼べるかということも大切な要素と思います。
お客さんがたくさん来て、その上でバック率も良ければ最高ですが、バランスを考えて良心的なお店で働けたのはラッキーでした。
お客さんの求めているものはいろいろでした。
エッチなことをしたいというのは皆さん共通していますが、話し相手が欲しいとか肌と肌とを触れ合いたいとかそんな希望の人も多かったです。
身もふたもない言い方をすれば、若い女性に取り合ってもらいたいというのがお客さんのニーズだと思います。
私は、よほどのことでない限りお客さんからの要望には、素直に従うようにしていました。
また、先回りして自分から積極的にどんな風にして欲しいのか探るようにしていました。
稼げる女の子はみんなそうしていると思いますが、創意工夫があれば、お客さんはついて来ると思います。
壁に当たったときもありますが、これを突破したのも自分の工夫です。
ノートにお客さんとした会話とか、お客さんの誕生日などを書き留めて次回やって来たときに、続きから会話ができるようにしたのです。
これの効果はてきめんで、かなりの指名を獲得することができました。
お客さんは自分を受け入れて認めて欲しいのでしょう。
それに気づいたのが良かったと思います。


風俗について

風俗店の種類や解説など。
ja.wikipedia.org/wiki/


毎週デリヘルに

デリヘルで働く女性は多くがお金目当てで働いていることでしょう。
私もまさにそんなデリヘル嬢なわけですが、私の同僚は男性客に「なんでデリヘル嬢やってるの?」と聞かれて「エッチが好きだから」と答えるようです。
そうすると指名が増えると言うのです。
そのことを私を指名したお客さんに言ったら「それってか◯ちゃんじゃない?」と言われました。
どうやらその男性は「エッチが好きだから」という私の同僚とプレイしたことがあるようで、しかもそれがバレバレの嘘だと分かっていたようなのです。
さらにその人曰く「エッチが好きだから」と言われたとしても「また指名しよう」と思うことはなく、せいぜい「セフレにしてやろうと思うだけだ」と言われました。
そんなことを先に言われたものだから「私はお金のためだけどね〜」と言ったらあっさり気に入られてしまいました。
それ以降茨城に住んでるにもかかわらず毎週大宮に来てくれます。
その方はかなり不細工なのですがお金は持っているようで「不細工な自分相手でもお金目当てになびいてくる女」が好きなようでプレイ料金とは別にお小遣いをくれたりします。
そしてその人が来ない週があるとそわそわしてしまう自分がいます。
もしかしたら彼のことを気になってしまっているのかもしれません。
お金目当てのはずだったのに……


埼玉のデリヘル店に移籍して初めてのロングコース

デリヘルにロングコースっていうのがあるのをご存知ですか?何時間超えたらロングコースという呼び方になるのかは分かりませんが、私が働いている大宮のデリヘル店では5時間以上をロングコースと呼んでいます。
そして今までロングコースの指名なんてなかったのですがこの間初めてロングコースでの指名を受けてしまいました。
それまでは指名されていた同僚に対してひがみながら「御愁傷様〜」と言う冷ややかな目で見ていたのですが、指名されると思ったより嬉しいものです。
どんな人だろうとワクワクしながら、それでいて嫌な客かもしれないという不安を抱えながらホテルに行きました。
ついたら私を指名してくれたのは以前プレイしたことがある同い年の男性でした。
私も話して楽しいと思っていたし、そこそこタイプの男性だったのでめちゃくちゃテンションが上がりました。
しかも綺麗なホテルに呼んでくれたのでキュンキュンしっぱなしです。
本来私の店ではロングコースの場合でも正味プレイは2時間までという規定があるのですが実際のところはデリヘル嬢に任せるといううやむやな感じでした。
そんなものだからお互いテンションの上がりまくった二人は6時間中5時間もエッチしちゃっていました。
朝起きて腕枕されてるなんてすごい久しぶりでこのまま付き合いたいと思ってしまったくらいです。


埼玉のとあるデリヘル店で働いています!

10日前ほどから埼玉のとあるデリヘル店で働いているちかです。
私はそれまで一人しかエッチをしたことがなく、男の人の喜ばせ方なんて全く分かりませんでした。
それでも昼間働いているだけでは家賃が払えず泣く泣くデリヘル嬢となったのです。
やり方などは教わったもののしどろもどろになりながらも男性のあそこを舐めたり乳首を舐めながら手コキをしたりなどそれまでの自分では想像もつかないようなことをしています。
ごく稀にそんな私の拙い攻めに対して声を出して喘いでくれる男性がいるのです。
そんな男性を見ると「私の攻めでも感じてくれてるんだ」という気になり嬉しくなっちゃいます。
またある時は20歳くらい上の人にも関わらずすごい甘えてきて私のことを「ママ」と呼ぶ人がいたのです。
会社の上司位の年齢ですが、こういう立場で「ママ〜」と甘えられるのはそこまで嫌な気がしないので「どうちたの?よちよち」と言って甘やかしてあげると自分がものすごく男性の扱いが上手くなった経験豊富なお姉さんになれたような気になれるのでドキドキしてしまいます。
まるでデリヘル嬢を演じているような感じでちょっと楽しんでいる自分がいます。
それを同僚にいうと「あんたセンスあるんだよ」と言われもてはやされています!


埼玉のデリヘルで働くようになって分かった事

つい先日わけあって埼玉のデリヘルで働く事になった者です。
今まで付き合った彼氏は二人でした。
二人からはフェラがうまいねなんて言われたので自分はそこそこフェラがうまいというていでいました。
しかし現実は全く違いました。
まず何が違うと言ったら私が付き合った彼氏達は何もものすごくあそこが小さかったという事です。
そのため口に入れるのは容易くいつでもしゃぶっていられる、もしくはずっとしゃぶっていても顎が疲れないといった形でした。
ところがいざデリヘル嬢になってみると男性器の大きさに愕然としたわけです。
最初についたお客さんに関してはかなり大きかったのでそれまでとの彼氏達の間にあった男性器のサイズの概念が一気に崩され「これしゃぶるの?無理無理」という感じで涙目を浮かべながらフェラをしたのを覚えています。
さらに大きい人に限って多いのが無理やりしゃぶらせようとする人。
頭をつかまれながらフェラをさせられたら顎が外れるんじゃないかという位の衝撃を受けました。
デリヘルだから入れられずに済んでいますが「これを入れたらどうなるんだろう」と大きい男性器を見るたびにガクガク震えています。
と同時にその大きさにはまってしまうのを想像してしまっている自分がいるのも事実です。


デリヘル店で働いて嬉しかったこと

デリヘルに来るのはほとんどおじさんなので年下の男の子が来るとなんだか得した気分になります。
年下かわいいなと毎回思ってしまうわけですが、若い子がデリヘル店に来るとほぼ100%の確率で何回もいきたがるのです。
60分で2回は当たり前。
ごく稀に3回もいきたがるなんて子も別にいいんですけど疲れてしまいますよね。
そんな中昨日来たのは30代前半のお兄さん。
中々来ない年代ですが落ち着きもあってそれでいて加齢臭もないので一番好きな年代です。
そんな方が差し入れと言って豪華なプリンを持ってきてくれたのです。
しかもコーヒーゼリーとプリンを持ってきて「好きな方食べて!」という気遣い。
こういった小さな気遣いでキュンキュンしてしまいます。
たまに食べさせてくれるので思いっきり甘えてしまいました。
お風呂から上がる時も普通私の方からお客さんの身体を拭くのが当たり前なのですが「冷えるといけないから」と言って自分は濡れたままの状態で私を真っ先に拭いてくれたのです。
何から何まで気遣いが出来ていて最高でした。
そういう人はこちらから2回いかせたくなってしまいますよね!またこの人に指名されたいなと思う感じの人で嬉しかったです!


したいことは遠慮なく頼んでいい

デリヘル嬢を呼んで遊ぶ場合、禁止行為である本番強要などを除けば、男性は遠慮なくデリヘル嬢に自分がしたいことを頼んで遊べばいいのです。
初めて遊ぶデリヘル嬢の場合、気心が知れていないということでコンパニオンに身をゆだねて遊んでしまう男性も多いようですが、彼女たちはむしろしたいことを言ってくれるお客さんの方が扱いやすいと思っているのです。
デリヘルで働く以上は彼女たちはお金を稼ぎたいわけで、お金を稼ぐためにはお客さんの希望を精一杯叶える仕事をしたいとも考えています。
オプションプレイである「ぶっかけ」や「聖水」も対応可能としている女性などは、お金のために羞恥心などを捨ててこの仕事に没頭しようと心にも決めていますので、中途半端にお客の男性が気を使う必要はありません。
「聖水」プレイでは頭からおしっこをかけてもらって多いにハメを外し、自分も羞恥心を忘れて遊べばいいのです。
お客の男性が気をつけてあげたいことと言えば、プレイ後に感謝の言葉を言ってあげることです。
「凄い気持ちよかったよ。
さすがに人気の高い女の子だね。
気に入ったからまた指名して遊びに来ますね」などと言ってあげれば彼女たちはやりがいも感じます。

 


ぬくもり

風俗嬢の肌にぬくもりを感じている男性は珍しくありません。
女性に体に久しく触れていなかった場合などは、柔らかいおっぱいやお尻を触ったことで自分の体に活気が戻ったと感じることも多いのです。
「癒し系」と風俗店のホームページのプロフィール欄に紹介されているコンパニオンはこういったぬくもりを多くの男性に与えていると考えて差し支えありません。
風俗店によっては店のホームページに利用者からのアンケートを入力してもらう項目を作っているところがあります。
そういったアンケートで、「今日遊んだC子ちゃんには癒されました。
あんなにあたたかい気分になれた女の子は初めてです。
次回もC子ちゃんを指名して遊びに行きます!」などと書かれた場合、店側としてはC子ちゃんに「癒し系」の称号を与えたくなるのです。
見た目が癒し系でも実際にはそうでないタイプのコンパニオンもいますが、プロフィール紹介欄に「癒し系」と書かれている場合は、店側としても彼女を「癒し系」として推奨しているわけですから、それを信用して指名してみることも悪くありません。
癒しをウリにして多くの男性に支持されている風俗コンパニオンは非常に沢山いますので、風俗好きの男性は一度遊んでみてください。

 

 


食生活に気を使っている風俗嬢も多い埼玉の風俗事情

埼玉のデリヘルやソープランドなどの風俗店で働いている女性の多くは、自分の食生活にも気をつけています。
基本的なこととしては、出勤日の前日にはニンニクなどのにおいのきつい料理を食べないことなどがありますが、それ以外にもスタイル維持のために暴飲暴食をしないなど、仕事柄様々なことに気を配っています。
また、風俗で働くコンパニオンの中にもお酒が好きな女性も多いですが、前日の深夜まで深酒をしてしまうこともなるべくしないようにしているものです。
昼間早目の出勤日の前日に深夜遅くまでお酒を飲んでいると、翌日にお酒のにおいが残ってしまうことも考慮しているのです。
スタイル維持に関しては太って体形が崩れてしまうことを多くの風俗嬢が結構神経を使って気をつけているものです。
理由はスタイルの崩れが人気ダウンにつながることを知っているからです。
当然ですが風俗店に遊びに来る男性はスケベですので、色気があって男を興奮させる女性を好みます。
従ってお腹の肉がたるんだ女性には魅力を感じず、指名しなくなるのです。
一番最悪なのは入店した時と比べてぜんぜん体型が変わってしまう場合です。
こうなればパネル写真と別人のようになってしまい、お客さんに「パネマジ?」と疑われてしまいます。

 

風俗スタイル 埼玉風俗スタイル 越谷風俗スタイル 所沢風俗スタイル 本庄風俗スタイル 熊谷風俗スタイル 春日部風俗スタイル
埼玉風俗スタイル 大宮風俗スタイル 川口風俗スタイル 川越風俗スタイル 久喜風俗スタイル デリヘルスタイル